「喧騒と幻想」

f:id:hitsugi38:20170413223111j:plain

 

 

「祭りの高揚感」



この絵は初めて展示会に出した絵です。

そのため創作性より締切を意識していました。締切に向けて、描きたいな、と思ったものをなんとなく描いた、という感じです。



この絵で重視したのは遠近感と勢いです。
龍の身体や少女の足の描き方を見るとわかるかと思いますが、奥の足や尾は細く小さく描くことで遠近感を出しています。


意外と難しかったのは龍の配色です。赤一色では味気ないので、黄色を加えることにしましたが、どのように配色すればいいのか、かなり悩みながら塗っていました。


また、それ以上に目をどう塗るか迷いました。目に濃い色を乗せるべきか。ハイライトを入れるべきか。

目というものはその人物や生き物の全体の印象を決めるほど重要なものだと思っています。だからこそ、悩みました。

結局は、龍は想像上の生き物だから生き生きとしていないほうがいい、と自分を納得させて目の色は薄い虹色で留めました。

濃い色を乗せたらもう薄くすることはできませんからね。

そういう意味では逃げの判断とも言えるかもしれません。

画竜点睛を欠いた、と思うかどうかは皆様次第です。


背景は本当は提灯や灯籠などを描くつもりだったのですが、締切の関係で変更しました。

提灯や灯籠などを描くつもりだったならなぜ背景が暖色じゃないのか、と思われるかもしれませんが、
わたし自身、どうして寒色に変更したのかわからないのです…
多分、青が好きだから、そんな理由なのだと思います。

結果としては、メリハリが出て少女と龍に目線が向く絵になったので、青にして良かったと思います。


背景を塗る際には、ふわっと滲むように、水を前もって塗ってから色を乗せています。
そうすることでフチ、いわゆる水彩境界が出るのを防ぐことが出来ます。

水の量が多すぎると色がきちんと乗らないので難しいところです。


また、全体が完成した後、物足りない………と思い、スパッタリングをしました。
しかも今回はカラフルです。龍の目の色に迷う割には大胆なことをしてますね。
これでお祭りの賑やかさを少し引き出せたかな、と思います。

ちなみに、スパッタリングをする所を絵を描かない人に見られたのですが、ドン引きされました。(絵に何してるんだ…芸術ってよく分からない…)という顔をされました。


先も述べたように、この絵は締切重視で描いていたので、設定はあまりありません。
お祭りっぽいものを描きたいなあ、という気持ちから生まれた程度のものです。


この少女は神の遣いで、普通の人間にはその姿は見えません。

彼女が笛を吹けば、龍が舞い、お祭りが盛り上がります。

人間には神楽の演者によって、音色が聞こえたり、龍が舞うように見えているけれど、実はそこには神の遣いの力が宿っている、という設定です。


神の遣いらしさとお祭りらしさを出すために、紅白の紐でたすき掛けをし、鉢巻を巻いている容姿にしました。


横笛もなんとなく描きたいと思っただけなので、指遣い全然合ってないです…
指遣いより、指の柔らかさを意識して描こう、と思ったのもありますが……

ただ、全く持ち方が違ってはいけないだろうと思い、持ち方だけ調べました。


この頃は、資料をきちんと揃えて描くより、頭の中のイメージに任せて描いていました。
今は正確性を意識して、きちんと調べてから描くので、この頃の方が自由に楽しく描いていて良いなあ、と思ったりもします。


龍は、子供の頃に見た石見神楽や、長崎ランタンフェスティバルをイメージしながら描いていました。それもあり、この龍は生き物ではなくて、張りぼてという設定です。少女が笛を吹くことで命が宿り、舞うのです。


タイトルの「喧騒と幻想」は言葉遊びです。
ふっと単語が頭に浮かんできて、喧騒は人間、幻想は少女と龍に相当するなあ、と思ってこのタイトルに決めました。

ですが、締切に追われて結局喧騒らしさを描けなかったので、そこが反省点です。



お祭りと言えば花火大会を連想する方が多いと思います。
花火大会も楽しくて好きですが、賑やかさと同時に神聖さに満ち溢れた、お祭りはもっともっと好きです。