「鎖縁」

f:id:hitsugi38:20161231211718j:plain

(オペラ、バーミリオンヒュー、セルリアンブルー)

f:id:hitsugi38:20161231211735j:plain

(シェルピンク・パーマネントイエローオレンジ・ホリゾンブルー)
 
 
「あなたが離れないように わたしが離れないように」



この絵は三色縛りをしてみたいと思って描いた絵です。
三色縛りとは、赤、青、黄の、色の三原色のみで絵を描くという、いわゆる縛りプレイです。

色の三原色について説明する必要はあまりないと思いますが、少しだけお話ししておくと、赤、青、黄の三つの色があれば、理論上あらゆる色を生み出すことができると言われています。

イメージしにくい方はプリンターのインクを想像して頂ければいいかと思います。プリンターのインクは基本的にシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)の三色とブラック(K)ですよね。(ブラックがあるのは、実際にシアン、マゼンタ、イエローで綺麗な黒を作るのは技術的に困難なためです。また、黒を表すために必要なインク量が減るというコスト的な面もあります)


しかし、当時のわたしは、自分には色の三原色のみで絵を描く技術がないと思い、任意の三色+無彩色(白、黒)での三色縛りもどきをすることにしました。
 
ちなみに、この絵は同じ下描きをトレスして線画を複製しています。アナログは大変です…
 
その下描きはこちらです。
f:id:hitsugi38:20161231212756j:image


一枚目はオペラ(濃いピンク)、バーミリオンヒュー(朱色)、セルリアンブルー(空色)を使用しています。
まず、紫色を作りたくてオペラとセルリアンブルーを選択し、髪の色と肌の色を作るためにバーミリオンヒューを加えました。正直、こんなに綺麗な茶色が出せるとは思っていなかったのでびっくりしました。
また、目の上部の色や瞳孔がすごく綺麗な色になったと思います。わたし好みの雰囲気の絵になりました。


二枚目はシェルピンク(薄いピンク)、パーマネントイエローオレンジ(山吹色)、ホリゾンブルー(水色)の三色です。
二枚目は一枚目と雰囲気が変わるように意識して色を選びました。
一枚目には緑系の色味がないと感じたので緑系を作りたいと思うと同時に、髪色も一枚目とは大きく異なっている方がいいだろう、と思い、まずパーマネントイエローオレンジとホリゾンブルーを選択し、残りの一色は肌の色味を整えるためにシェルピンクを選びました。
ホリゾンブルーは緑を作る以外の用途ではほとんど使われていないです。一枚目と雰囲気を変えることは出来ましたが、三色全てを十分に活かしているとは言えないですね…



腐れ縁とは、現代では、離れようとしても離れない悪縁という意味で使われる言葉ですが、本来この言葉は「腐る」ではなく、「鎖」が由来で、鎖のように切ることのできない関係のことを指します。
つまり、腐れ縁ではなく、鎖縁なのです。
鎖縁、というと、あまりマイナスな意味には聞こえない気がします。


それを知り、誰かと強く繋がっていたい、という思いを込めて描いたのがこの絵です。
少女に手錠をさせたのは、目に見える形で繋がりを表現したいと思ったからです。
またリボンは、人と人を結ぶという意味で描いています。
(わざわざ文章しなくても伝わるかと思いますが…)

この絵は非常にシンプルかつストレートに「繋がり」を表現していると思います。
その分、着色で試行錯誤しましたし、同じ構図の絵を二枚描いたので、すごく印象に残っている絵です。



相手と心が繋がっていても、世の中に流されてお互いが離れてしまうこともある。だから、手錠をして、永遠に離れないようにしたい。そう夢想する人は、決して少なくはないと思っています。

 

 

皆さんとこれからも繋がっていられますように。