「like」

f:id:hitsugi38:20160922125646j:plain

 


「『好き』の思いが形になる」

 


この絵では虹色のグラデーションに挑戦しました。グラデーションは色数が多くなればなるほど大変ですし、絵の具が乾く前に次の色を重ねなければいけません。
さらに人物などは避けて塗らなくてはいけないのでかなり苦労した覚えがあります。
何度も塗り直したせいでこんなに鮮やかな色になっているのだと思います。


ただ、一色で塗るときもムラが出来ないように気をつけなければいけないので大変さとしては同じぐらいな気はします。

デジタルだとレイヤーがあるので人物を気にせず塗れますし、グラデーションもとても簡単なのですが……


また、白抜きにも挑戦しました。白抜きされているところは色鉛筆で線を描いています。黒い鉛筆だと境界がはっきりしてしまうからです。

白抜きは色を付けたくない部分に絵の具がはみ出ないようにすればいいだけなので本来それほど難しくないのですが、この絵はグラデーションをつけつつ白抜きをしなければならないため、結構大変でした。

マスキングインクがあれば簡単にできるのですが、当時は持っていなかったので苦労しました。


白抜きしつつ、鹿の角など重なっている部分は色を塗ることで、どんなモチーフか、どういう構造になっているかをはっきりさせているのですが、どうせ色を重ねる部分を作るのなら、もっとモチーフ同士を重ねた方が面白い画面になったと思うのでそこが反省点です。

 

とても昔の絵なのですが、現在と絵柄が大きく変わっていない気がします。今見てもこの絵は可愛らしく描けたとは思うのですが、成長していないと考えると複雑な気分です。

 


実はこの絵は手元に残っていません。理由は忘れてしまいました…
先ほど、鮮やかな色になっていると言いましたが、スキャンした時に元絵より鮮やかに読み込まれたので、本来はもう少し彩度が低いはずです。しかし、今となっては確かめる術もなく……

割と気に入っている絵なので、手元にないのが本当に惜しいです。

その代わり、下描きは残っていました。

f:id:hitsugi38:20161101230250j:plain

かなり丁寧に描いていますね…「Lost」の時とは大違いです。

もしかしたら、このまま鉛筆描きで終わらせるつもりで、はじめは色を塗る気はなかったのかもしれません。全く覚えていないですが…

 

 


この絵はバレンタインの時期に描いたもので、「好き」というテーマから、好きなモチーフを詰め込もうと考えていました。
ですが、何を描くか、これが案外思い浮かばず、友人にモチーフのアイデアを貰ってこのような形になりました。なのでモチーフひとつひとつに深い意味があるわけではありません。


鹿の左上あたりの人間のような姿は、「零 〜月蝕の仮面〜」というホラーゲームに登場する亞夜子という女の子です。とても可愛くて好きな子なので絵に入れたのですが、今思えば、白抜きしたら誰か全然わからないし、もっと万人に伝わるモチーフにするべきだったなあと思います。


右側の女の子はうちの子ことみやたんです。本来は緑色の目なのですが、バレンタインということで恋愛の色であるピンクにしています。

手に持っているのはボウルで、チョコを溶かしてます。これもバレンタイン要素です。そのチョコが魚になって泳いでいくのはこの絵を描こうと思った時にまず考えついた気がします。

 


初期の絵だからなのかもしれませんが、自分の絵の中では割と意味を持たせてない部類に入ると思います。


でも、「好き」ってそんなものだと思います。好きだから好き、それ以上の理由なんて無理に考えなくてもいいと思うのです。