「Lost」

f:id:hitsugi38:20160908131625j:plain

 

 

「何を失ったのか、それすらわからないの」

 

 


この絵はライラックという絵の具の色に惹かれて、紫の絵を描きたいと考えていたときに思いつきました。


また、ドリッピングをしたかったという理由もあります。
リッピングとは筆に絵の具を含ませ、振って絵の具を画面に飛ばすという技法です。これをするだけで絵が華やかに見えるので、他の絵でも多用しています。あとストレス発散にもなります。ただし、ドリッピングをするときはお洋服などに飛び散らないように気をつけましょう…

リッピングは筆に含ませる絵の具と水の配分が難しいなあと個人的に思っています。水分が少ないとそもそも絵の具が飛ばなかったり、水分が多いと紙に色が乗らなかったりするからです。この絵のドリッピングは正直、今まで描いてきた絵の中で一番綺麗にできてると思います。色のフチが綺麗に出ているので。常にはこの絵のようにならないので、修行が足りないなあと思います。


この子の足は骨格としては明らかにアンバランスなのですが、落書きをしていたときにこれだ!と思ったのでそのままトレースして塗っています。折れそうなくらい儚い感じにピンときたのかもしれません。


髪の毛にところどころピンクが混じっているのは、全部茶色で塗ってしまっては味がないなあと思ったからです。塗っている途中に思いつきで色を変えて見たのですが結果的にいい感じになりました。挑戦は大事です。




この絵のテーマは「喪失感」です。


タイトルが「Lost」で過去形なのは、「lose」より語感が良いからです。Lが大文字なのも、文字のバランス的な面で決めたので深い意味はありません。


この子が何を失ったのかはわたし自身決めていません。わたしは普段は設定を細部まで決めているタイプなので、わたしにしては珍しいです。一応喪服のイメージではあるのですが、ミニハットを被っていたりそもそも紫の服だったり、完全な喪服ではありません。雰囲気だけです。


持っているぬいぐるみは幼さの象徴ですが、ちょっと血のような色で汚れているのは何故なのかはこれも決めていません。



ですが、芸術というものは、作者が細部まで決めてしまって、見る側が想像したことが正解や不正解になってしまうようではいけないように思います。自由に想像できるからこそ芸術には価値がある、そんな気がするので、絵を描く際には気をつけたいところです。

わたしの絵が芸術という域まで達しているかと言われたらそうではないと思うのですが、意識することは大事ですから…


ただ、わたしも見る側としては、作者がどんな意図で書いたのか細部まで知りたいので、場合によりけりな気もします。

 

 

ちなみにこの絵のラフはこんな感じです。よく捨てずに残してたなあ自分…

f:id:hitsugi38:20160908130907j:plain


一瞬の感情を絵にしたものですし、全然細部まで設定を決めてないですが、今でもお気に入りの絵です。何かを失ったぽっかり感が表せた絵だなあと個人的には思います。



日常の中で特に何か起こったわけでもないけれど、喪失感を感じることってあると思います。特に、夜だったり、一人でいると。