読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:hitsugi38:20160901154408j:plain

 


「福を呼ぶ者が幸福かと言われたら、決してそうではないかもしれない」

 



この絵はおそらく、初めて透明水彩を使って描いた絵です。

 


どうやら、にじみの技法などを本で読んで、自分でも挑戦したようですね。
背景はふんわりと色が広がるようにしていますが、だるまさんはわざと色のフチが残るように塗ってた記憶があります。
水の量もちょうど良さそうですし、だるまさんのお目目には赤を差して色を丁寧に使っていて、初めてにしては上出来だなあと思います。


この女の子は神様の見習いです。福を呼ぶということで「ふく」にかけてフクロウちゃんという設定です。神社などでもフクロウのお守りとかありますよね。白は神聖な感じがするのでこの子は白いフクロウにしました。だるまの方も、縁起物ということでセレクトしてます。ちなみに、フクロウちゃんは神道系の神様のイメージだったのですが、本来だるまは仏教の一派、禅宗が由来だということを後で知りました。でも現在では宗教を超えて親しまれているので大丈夫です、多分。

 


神様は、毎日毎日誰かの願い事を聞いて叶えなければいけない存在です。けれど、それはあまりにも可哀想な生き方ではないでしょうか。でも神様だから、きっとそんなことすら思ってはいけない。神様は心の底から誰かの願いを叶えることが、使命であり幸せだと思わなければならないのかなあ、と思いながら描いてました。


この子は見習いなので、そのような生き方を身につけている途中です。彼女はまだ自分の生き方に疑問を感じていません。だから笑っているのです。そのまま何も疑問に思わずに生きていてほしいような、でも本当にそれでいいのか、そういったことを考えていただけたらなあと。

 


だるまさんは彼女の唯一のお友達です。神様は神聖な存在になるために、成長途中で周囲の悪いものに惑わされないよう、なるべく外界との接触をしてはいけないという設定です。そんな中、このだるまさんは神様のお守り役のような存在で、唯一、代々の神様の成長も見守っています。

今まで色んな神様を見てきているので、心の中ではフクロウちゃんは今後どうなるのかと気にしているのですが、それを表には出しません。ぶっきらぼうさんです。フクロウちゃんの方も、だるまさんの上に座っているくらいなので扱いとしては雑です。でもいなくなったら困ります。そのくらいの関係がかわいらしいなあと思います。

 


神様だって、人間とそんなに変わらないと思います。わたしは、人間だけでなく神様も幸せであってほしいです。